有酸素運動と無酸素運動

有酸素運動(エアロビクス)は、糖質・脂質をエネルギー源として、酸素と一緒に筋肉への負荷が比較的軽い運動で、無酸素運動は、酸素を取り込まずに行われる強い負荷の運動

有酸素運動と無酸素運動

軽く汗ばむ有酸素運動

有酸素運動(エアロビクス)とは、ウオーキング、ジョギング、サイクリング、水中運動など、糖質・脂質をエネルギー源として、酸素と一緒に筋肉への負荷が比較的軽い運動です。

運動の強さは、自分の能力の5割程度、つまり、軽く汗ばむ程度がよいとされています。

脈拍が1分間に110~120を越えない程度が目安です。

重量挙げ、懸垂、腕立て伏せ、短距離全力疾走などは、肺から取り込んだ酸素の供給だけでは追いつかなくなり、筋肉を動かすエネルギー源として酸素が使われない状態へと変わります。

酸素を取り込まずに行われるので「無酸素運動」と呼ばれ、心臓にも負担をかけるます。

また息をとめて力むような運動も極端な血圧の上昇を招き、心臓や血管の負荷になります。

年齢にもよりますが、脈拍が1分間に110~120を越えると、短時間で強い負荷がかかり無酸素運動と呼ばれます。